艶めき生腰
艶めき生腰

 

すべての使用感で疑似セックスを再現!
リアルを追求した究極の生ハメ専用モデル

2014年は大型オナホールの当たり年。クッション入りやリング内蔵タイプ、パケに凝ったコンセプトモデルなど、各メーカーともさまざまな工夫を凝らした据え置きオナホをリリースし、どれもそれなりにヒットしました。

2015年に入り、この大型ブームもそろそろ終焉か?…という流れの中、満を持してブッ込まさせていただくのが、NLSプライベートブランドにして遅れてきた大本命…その名も「艶めき生腰」なのでありますッ!

大型据え置きタイプのオナホールが出尽くした中、NLSが本作にて最後に提案するのは、“骨盤入り”というこれまた驚愕のコンセプト。

オナホに丈夫な骨格を内蔵することで、加重による本体の型崩れを防止するだけでなく、本物女性とのセックスそっくりな腰振り感覚を実現。
成人女性サイズのボディとそこから生まれるリアルな膣圧は、もはや「オナニーの領域を越えた!」といっても過言じゃないでしょう。

ボディは「ぐちょ濡れ名器 極~KIWAMI~」や「極上生腰」よりもずっと大きい9kg越え。国内オナホ最大級といわれている「スーパー至極」に並ぶサイズ感で、目の前で横たわる姿はまさに“女体そのもの”です。

恥骨のあたりから腰回り全体に硬質な芯材が入っているため、この巨体でも形状安定性が素晴らしく、触れると表面のプニッとした弾力と奥のカッチリした骨感が同時に伝わってきます。

お察しのように、これだけデカいとニオイやベタ付きもけっこう強いのですが、実物大の骨盤入り下半身がもたらすこの圧倒的なリアリティに触れると、オイルブリードなど些細なことに思えてくるから不思議です。

穴はヴァギナ・アナルの2穴式で、どちらも2重構造。このホール部分は開発過程でもいろいろと試行錯誤を重ねましたが、結果的にかなりリアルな女性器の挿入感に寄せています。

無次元加工のヴァギナ内壁はヒダ中心。わずかに掻き分ける快感はあるものの、V溝のようなわかりやすい擦り刺激はなく、あくまで本物に近い凹凸の抑えられたテクスチャーが広がります。

そのためオナホとしての快感刺激はやや薄く、使用感はかなりまったり。これはアナル側も同様で、あえてのっぺりとした味付けにすることで、限りなくセックスに近い、“リアルな快感刺激”を目指しました。

つまり本作は…ボディを抱えてペニスをあてがい、ゆっくりと挿入する瞬間から、パンパンと腰を打ち付けながら絶頂感を高めていく過程に至るまで、ホント~にすべての要素が“モロ本物!”なんです。

このリアルな腰振りの感覚とペニスが受ける粘膜質な快感刺激もめちゃくちゃ生マ○コに近く、そういう意味ではオナホ的な超絶快感がウリの「極上生腰」よりリアリティでは上位。

本作は“究極の疑似セックスツール”として、これまでのオナホじゃ満足できなかった風俗派の男性をも魅了するんじゃないでしょうか。

ただし…見るからにデカくて重い肉塊のため、収納・使用・洗浄などのあらゆる場面において、取り回しにはマジで苦労します…。
本作をご検討の方は、それなりにお迎えできる環境を整えてからじゃないと持て余す可能性があるため、くれぐれもご注意ください。

 


艶めき生腰
艶めき生腰







おすすめの記事